山本産婦人科(三重県津市)の各種手当て・行政情報・医療情報に関するページです。

知って得するトクトク情報

働くママのトクトク情報

男女雇用機会均等法では、事業主に対して、妊娠中および出産後の女性労働者について、健康診査等が受けられる時間を確保することや主治医の指導事項を守るために必要な措置をとることを義務づけています。

産前・産後の健康管理に関する制度

妊産婦(妊娠中および出産後1年を経過しない人)は、事業主に申し出ることにより、次の保健指導または健康診査を受けるために必要な時間を確保することができます。

  1. 妊娠中について
  2. ★妊娠23週までは4週に1回
    ★妊娠24週から35週までは2週に1回
    ★妊娠36週以後出産までは1週に1回
    ★主治医がこれと異なる指示をした場合は、
      その指示に基づきます。

  3. 産後について
  4. 出産後1年以内の健康診査等については、主治医の指示に従って必要な時間を確保することができます。

産前・産後の労働に関する制度

  1. 妊産婦は、事業主に請求することにより、時間外労働・休日労働・深夜業務(午後10時から午前5までの間の労働)が免除されます。
    変形労働時間制がとられている場合でも、事業主に請求することにより、1日8時間および1週間について40時間を超えて労働する必要はありません。
  2. 妊娠中は、事業主に請求することにより、他の軽易な業務に変わることができます。
  3. 妊産婦に対して、事業主は妊娠・出産・哺育等に有害な業務に就かせることはできません。
  4. 1歳未満の子供を育てる女性は、事業主に請求することにより、1日2回、少なくとも各30分の育児時間をとることができます。

産前・産後の休業に関する制度

  1. 産前6週間(多胎妊娠の場合は14週間)は、事業主に請求することにより、休業することができます。
  2. 産後8週間は、事業主は、その者を就業させることができません。ただし、産後6週間を経過後に、本人が請求し医師が支障ないと認めた業務については就業することができます。
このページのTOPへ


育児休業など男女労働者の育児のための制度

平成17年4月に育児・介護休業法が改正され、今までは子供が1歳に達するまでとされていた育児休業期間が、保育所に入所を希望しているが入所できない場合や、子供の養育を行っている配偶者であって、1歳以降子供を養育する予定であった者が、死亡・負傷・疾病等の事情により子供を養育することが困難となった場合には、子供が1歳6ヶ月に達するまで延長できることになりました。
また、小学校就業前の子供を養育する人では、申し出ることにより、病気やケガをした子供の看護のために、1年に5日まで休暇をとることもできるようになりました。

*以前には対象外であった契約社員の人も雇用期間が1年以上あり、引き続き雇用が見込まれる場合には、育児・介護休業法の対象となります。
*妻が専業主婦である男性であっても、産後8週間は父親の育児休業取得権があります。
*育児休業中は雇用保険から給付金を支給されることになりますから、収入の減額が想定されます。家計を圧迫することのないように十分な生活設計が望まれます。
*育児休業中の厚生年金と健康保険の保険料は本人負担分・事業主負担分ともに免除されます。従来、免除の期間は子供が1歳未満までとされていましたが、平成17年4月から「3歳未満の子」と期間が延びました。
保険料は、育児休業開始月から免除され、もし申請が遅れてもさかのぼって免除されます。免除されていてもこの期間は厚生年金の保険料を納めた期間として扱われるため、将来受け取る年金額が減る心配はありません。
健康保険も被保険者資格は継続するので、通常と同じように受診することができます。
*育児休暇を取らずに短時間勤務にした場合は、通常収入が下がりますが、年金支給額(老齢厚生年金)は短時間勤務前の収入で計算されるため、年金額が減る心配はありません。保険料は年金・健康保険とも短時間勤務により下がった収入で計算されるため、負担は軽くなります。
*育児休暇を終えて職場復帰した後、育児のためなどで短時間勤務となり、収入が下がった場合、今までは条件を満たさなければ保険料の減額は認められませんでしたが、復帰後3ヶ月間の収入の平均で算定されるようになったため、負担減となりました。
年金支給額も子供が3歳に達するまで、収入が下がる前の額で計算されるため有利となりました。
*国民年金に加入する自営業者世帯などは、残念ながらこの制度の対象となりません。
育児や介護で休業を余儀なくされている人は、各都道府県労働局雇用均等室(三重県の場合:津市島崎町327番地2号、津第2地方合同庁舎内、電話:059−226−2318)に詳細をお問い合わせ下さい。

母子健康管理指導事項連絡カード

妊娠中に何らかの異常があった場合は、主治医に「母子健康管理指導事項連絡カード」を書いてもらいましょう。事業主はこのカードの記載内容に沿って必要な措置をとらなければならないことになっています。
指導事項に応じた措置には、次のようなものが考えられます。
1. 妊娠中の通勤緩和 →  時差通勤・勤務時間の短縮など
2. 妊娠中の休息 →  休憩時間の延長・休憩回数の増加など
3. 妊娠中または出産後の症状などへの対応 →  作業の制限・勤務時間の短縮・休業など

問い合わせ先

母性健康管理カードや働く女性の母性健康管理についても各都道府県労働局雇用均等室(三重県の場合:津市島崎町327番地2号、津第2地方合同庁舎内、電話:059−
226−2318)にお問い合わせ下さい。
このページのTOPへ

家計にやさしいトクトク情報

出産育児一時金

妊娠や出産は病気ではないため、通常の妊婦健診や入院には、健康保険が適用されず、全額自己負担となっています。そこで、その負担を軽くしようというのが、出産育児一時金の制度です。支給額は平成18年10月から35万円となりますが、自治体によっては50万円前後のところもあります。

手続きの概要
妊娠
  • 保険組合に対し、請求書の様式(医療機関が一時金を受取代理する欄のある請求書)の交付を申請します。
  • この書類を医療機関に提出して、必要事項の記載を依頼します。
  • 保険組合に記載済みの書類を提出して、出産育児一時金の事前申請を行います。
    ただし、事前申請の時期は、出産予定日の1ヶ月以内となっていますからご注意ください。
    手続きが完了すると、保険組合から医療機関に申請受付完了の連絡が入ります。
分娩
  • 医療機関から分娩費請求書および出生証明書類の交付を受けます。この書類の写しは同時に医療機関から保険組合に送付されます。
  • 保険組合から直接医療機関に出産育児一時金が支給されます。


今までは、予め出産費用を用意しておき、退院時に全額を医療機関に支払う必要がありました。しかし、この制度が導入されることにより、費用の全額を立て替える必要がなくなり、出産費用が出産育児一時金(35万円)を上回った場合のみ、その差額を医療機関に支払えばよいことになります。また、出産費用が出産育児一時金を下回った場合は、その差額を後日保険組合から受取ることができます。
このページのTOPへ

出産費貸付制度

安心して出産ができるように、無利子でお金の借りられる制度です。
だれが借りられるの?
政府管掌健康保険または船員保険に加入している人またはその扶養家族で、出産育児一時金の支給が見込まれる人が対象となります。しかも、@出産予定日まで1ヶ月以内の方か、A妊娠4ヶ月以上の方で、病院・産院などに一時的な支払いをしなければならない方に限定されます。
*いくら借りられるの?
1万円単位で24万円まで借りられます。貸付金は無利子で、振込手数料を差し引かれることもありません。
*問い合わせ先は?
三重県社会保険協会: TEL:059(224)3736
津支部: TEL:090(1474)9528
松阪支部: TEL:090(1987)5723
*手続きはどうしたらいいの?
出産費貸付金貸付申込書に必要事項を記入し、次の書類を添えて、社会保険協会または社会保険協会支部へ提出して下さい。
1) 出産費貸付金貸付申込書
2) 出産費貸付金借用書
3) 被保険者証または受給資格者票など
4) 出産育児一時金請求書
出産育児一時金の受け取りは全国社会保険協会連合会に委任することになっていますから、請求書の委任状欄に記名捺印する必要があります。用紙は社会保険協会(支部)で入手できます。
5) 出産予定日あるいは妊娠4ヶ月以上であることが確認できる書類(母子健康手帳の写しなど)。
6) 医療機関などが発行した出産費用の請求書など(出産予定日まで1ヶ月以内の方はこの書類は不要です)。
返済はどうしたらいいの?
1) まず、出産後に社会保険事務所に出産育児一時金を請求していただきます。その際、全国社会保険協会連合会に受領委任してある請求書で請求して下さい。
2) 全国社会保険協会連合会が、あなたの代理で出産育児一時金を受け取り、その一部を返済にあてます。
3) 精算の上、残った額は指定した金融機関の口座に振り込まれ、完了通知書・振込通知書が送付されます。また、出産費貸付金借用書が返還されます。
妊婦健診費用の補助 現在、妊婦健診費用は全額自己負担ですが、2007年4月からは一定割合で公費補助が得られる見通しです。
1回当たりの妊婦健診料は三重県の場合5300円で、妊娠中の健診料総額は約9〜10万円ですが、この補助が導入されることにより、負担額は半減する予定です。
このページのTOPへ

出産手当

出産のために、産休をとったり、会社を辞めたりして、お給料がもらえなくなってしまうのは、家計にとってつらいものです。そこで、働くお母さんの負担を手助けしょうというのが、出産手当制度です。この補助を受けるためには、いくつかの条件がありますので、手当が受け取れるように、退職の日・休職の日などは慎重に選びましょう。
いつもらえるの?
赤ちゃんが生まれてすぐに手続きをすれば、その約1ヶ月後に指定した金融機関の口座に振り込まれます。

どこからもらえるの?
本人が勤務する会社の健康保険組合や社会保険事務所からもらえます。公務員の人は、共済組合から支払われます。

だれがもらえるの?
会社員や公務員で、本人名義の社会保険・共済組合に1年以上加入していて、産休・育休中や退職後6ヶ月以内に出産した人がもらえます。

いくらもらえるの?
日給【(年収−ボーナス)÷12で標準報酬月額を出し、さらに30日で割った金額】の60%に相当する金額の98日分が支給されます。

問い合わせ先は?
社会保険の人は、勤務先の総務か人事担当者もしくは会社を管轄する社会保険事務所に問い合わせて下さい。公務員の人は、加入している共済組合事務所へ問い合わせて下さい。

手続きはどうしたらいいの?
手続きの流れは次の通りです。
出産→勤務先で申請用紙をもらいます→担当医に必要事項を記入してもらいます→勤務先が必要事項を記入します→勤務先か社会保険事務所に提出します→約1ヶ月後、銀行口座に入金されます。
このページのTOPへ

児童手当

家族が増えて負担が大きくなった家計を助けてくれるのが、この児童手当です。
ただし、手続きは手当がもらえる資格があるかどうを役所で確認してからにして下さい。
いつもらえるの?
申請した翌月から、子供が小学6年生(12歳になってから最初の年度末)まで支給されます。申請を忘れていると、申請前までさかのぼって支給されることはないので、手続きは早めに済ませて下さい。

どこからもらえるの?
扶養者が加入している年金制度の1つで、お金は国・都道府県・市町村・事業主が負担しています。

だれがもらえるの?
請求する人の所得が、一定基準を超えていないことが条件です(夫婦と子供2人の世帯なら年収860万円未満)。

いくらもらえるの?
2人目までは1人につき月5千円、3人目以降は月1万円で、2・6・10月に4ヶ月分がまとめて口座に振り込まれます。
※乳幼児加算
2007年4月から国の児童手当が拡充されることになっています。0〜2歳児のいる家庭を対象に、「乳幼児加算」として児童手当を上乗せするもので、加算額は月5千円程度になる見通しです。

問い合わせ先は?
資格があるかどうかは、住民票のある市町村役場に問い合わせて下さい。

手続きはどうしたらいいの?
手続きの流れは次の通りです。
出産→勤務先で年金加入証明書をもらいます→役所で用紙をもらって提出します→年3回、4ヶ月分がまとめて銀行口座に振り込まれます。
このページのTOPへ

医療費控除

1年間にかかった医療費が、10万円を超えた家庭では、医療費が所得から控除され、還付申告をすることによって税金を取り戻すことができます。妊娠・出産をした年は医療費がふくらむので、医療費控除を受けることを忘れないで下さい。還付申告をするために、病院や薬局からもらう領収書やレシートをきちんと保管し、通院にかかった交通費を家計簿に記帳する習慣をつけておきましょう。医療費控除は妊娠・出産費用だけでなく、家族全員の医療費が認められます。高額の医療費が重なれば、その分戻ってくるお金も多くなるので、きちんと申告しましょう。
いつもらえるの?
出産した翌年の還付申告の時期(1月下旬〜3月15日)に申告すれば、1〜2ヶ月後に指定の口座に還付金が振り込まれます。
どこからもらえるの?
実際にお金を還付してくれるのは国ですが、還付申告を行った税務署がお金を口座に振り込んでくれます。
だれがもらえるの?
1年間に払った医療費が10万円を超えている家族が対象となります。出産費用だけでなく、病気やケガによる通院なども医療費に含まれますからお忘れなく。
いくらもらえるの?
医療費の合計額と所得によって還付金は違ってきます。医療費の支払いが多ければ多いほど還付金も増えます。
問い合わせ先は?
最寄りの税務署または国税局や市町村役場にある税金相談室などに問い合わせて下さい。
医療費に入るものは?
1)妊婦健診料
2)通院による診療費用
3)入院費用・分娩費用
4)病院への移動に要したバス代や電車代
5)風邪薬など薬局で購入した薬代
手続きはどうしたらいいの?
手続きの流れは次の通りです。
領収書やレシートを集めて、月ごとに整理し、合計額を出します→会社から源泉徴収票をもらいます→税務署に行って申告用紙をもらいます→手引きに従って用紙に記入します→税務署に申告用紙を提出します→申告した日から1〜2ヶ月後に指定の口座に振り込まれます。
このページのTOPへ

乳幼児医療費の助成

デリケートな赤ちゃんや乳幼児は、ちょっとしたことで熱を出すなど医療機関にかかる機会が多く医療費がかさみます。そこで、子供の医療費による負担を減らすことを目的に各自治体が行っているのが、乳幼児医療費助成制度です。市町村役場で手続きを行うことにより、病名に関係なく、医療費が無料になります。
助成の内容は、適用期間や所得制限の有無など自治体によって異なるため、あらかじめお住まいの市町村役場の窓口にお問い合わせください。
いつもらえるの?
赤ちゃんが、病気やケガで医療機関に行ったときに、その場で支払いが無料になる場合と、後から返金されて受け取る場合があります。
どこからもらえるの? 問い合せ先は?
住民票のある自治体(市町村)が実施している制度ですから、申請も住民票のある市町村役場です。
津市の場合、市役所医療助成室(〒514-8611 津市西丸之内23番1号、TEL:059-229-3158、FAX:059-229-5001)または各総合支所市民福祉課が窓口となっています。
松阪市の場合、市役所保健医療課福祉医療係(〒515-8515 松阪市殿町1340番地1、TEL:0598-53-4046)または各地域振興局保健福祉課が窓口となっています。
だれがもらえるの?
対象となる乳幼児が健康保険に加入していることが条件となります。自治体によっては、所得制限のあるところとないところがあります。
津市・松阪市の場合、所得制限があり、その限度額は以下のようになっていますが、さらに控除があるようですから、詳しくは上記の問い合わせ先にお聞きになってください。
扶養親族等の数 所得制限限度額(保護者所得)
0人
1人
2人
3人
4人以上
5,320,000円
5,700,000円
6,080,000円
6,460,000円
1人につき38万円を加算した額
※平成18年9月1日改正
いくらもらえるの?
かかった医療費が無料となります。自治体によって小学校入学まで無料となる場合が多いのですが、自治体により異なります。
津市・松阪市の場合は以下のようになっています。
1.通院
0歳から4歳未満(松阪市は5歳到達月の月末)まで医療費(保険診療分の自己負担額)が補助されます。
2.入院
0歳から小学校就学前(6歳に達する日以後の最初の3月31日)まで、入院にかかる医療費(保険診療分の自己負担額)が助成されます。また、入院時の食事療養費にかかる標準負担額については、市町村民税非課税世帯で減額認定証を交付されている人に限り助成されます。
手続きはどうしたらいいの?
手続きの流れは次の通りです。
赤ちゃんの誕生→出生届を出します→必要書類をもって担当窓口へ行きます→乳幼児医療証の交付を受けます→受診時に病院窓口に提出します→適用

手続きはなるべく早いほうがよいでしょう。出生届と一緒に申請書を出せるようにしておくと、後日あらためて役所に出向く必要がなく便利でしょう。
助成を受ける方法は、医療機関の窓口で医療証を見せ、その場で無料になる場合や、後から請求して口座振り込みで受け取る方法など、お住まいの自治体により異なりますから、市町村役場の窓口にお問い合わせください。
津市の場合は、4歳から小学校就学前における入院医療費の申請は自己申請となります。
以下の申請に必要なものを持参して市役所医療助成室または各総合支所市民福祉課に申請してください。なお、申請期限は診療後2年以内となっていますからご注意ください。

申請に必要なもの
1.入院した医療機関の入院分医療費に係る領収書
2.健康保険証(対象児童の氏名が記載されたもの)
3.預金通帳(郵便局は除く)
4.印鑑(スタンプ印は除く)

松阪市の場合は、入院した医療機関に受給資格証を呈示するだけで申請手続きは不要です。
このページのTOPへ

生命保険の給付金

妊娠中のトラブルで入院することになっても、生命保険の医療費給付金がもらえれば、経済的な不安を軽くすることができます。ただし、入院や手術で給付金がおりるのは、自分の保険に医療保障がついているか、夫の保険に家族医療保障がついている人が対象となります。いざという時のために、家族の保険の保障内容と給付金額を確認しておきましょう。
手続きはどうしたらいいの?
治療終了→保険会社に必要書類を請求します→医療機関で治療の証明書を書いてもらいます→保険会社に必要書類を提出して申請します→指定の口座に給付金が振り込まれます
新たに保険に加入する人へのアドバイス
新たに保険に加入を考えてる人では、「妊産婦保険」を考慮してはいかがでしょうか。 この保険のメリットとしては、1)妊娠・分娩および産褥の合併症で継続して入院したり、手術を受けた場合、給付金をもらうことができる、2)先天的な障害で赤ちゃんが入院した場合、給付金をもらうことができる、3)無事に出産するとお祝い金がもらえるなどがあるようです。詳しくは、保険会社にお問い合わせ下さい。

失業給付金

失業給付金とは、いわゆる失業手当のことで、退職の1年前に通算6ヶ月以上雇用保険を払っていた人なら、誰でも申請することができます。出産退職した人は、特別に退職後4年間で好きな時期を選ぶことができます。ただし、手続きは退職した日の翌日の30日後から1ヶ月間となっているので、手続きの準備は早めにしておきましょう。申請は最寄りのハローワークで行うのですが、どうしても自分で出向くことができない時は、代理を立てることもできます。
いつもらえるの?
普通は退職してから1年間のうちに給付金を受け取りますが、出産退職の場合のみ、最高4年まで受け取りを延ばすことができます。
どこからもらえるの?
給与天引きされている雇用保険から給付金がおります。
だれがもらえるの?
退職前の1年間のうちに雇用保険を6ヶ月以上払っていることが条件になります。雇用保険料は給与天引きされていることが多いので、給与明細をチェックして下さい。
いくらもらえるの?
働いていた期間や収入によって異なってきます。目安としては、働いていたときの給料の約60です。
問い合わせ先は?
住民票のある地域のハローワークへ問い合わせて下さい。
手続きはどうしたらいいの?
退職した日の翌日の30日後から1ヶ月間のうちに、最寄りのハローワークで申請して下さい。どうしても自分で出向くことができないときは、代理を立てることもできます。
その他の注意点
1) 普通は、退職してから1年以内に失業給付金が支給されます。退職日より30日以内に申請し、給付金をもらいながら、すぐに求職活動をしなければなりません。しかし、出産退職した人の場合、受給期間の延長が4年まで認められ、求職活動も4年以内に行えばよいことになっています。
2) パートやアルバイトでも、雇用保険を払っていれば給付金を受け取る資格があります。
このページのTOPへ

育児休業給付金

育児休業中はお給料が出ない会社がほとんどです。そこで、雇用保険から休業期間中と復帰後に給付金を支給し、働くママを応援してくれる制度が育児休業給付金です。
いつもらえるの?
育児休業中は毎月指定の口座に振り込まれ、職場復帰した6ヶ月後にもう一度もらえます。
どこからもらえるの?
雇用保険から支払われる制度です。会社の総務部か人事部が手続きを代行してくれます。
だれがもらえるの?
雇用保険に加入しており、11日を超えて勤務していた月が2年の間に12ヶ月以上ある人が対象になります。
いくらもらえるの?
育児休業中は月給の30%、職場復帰した半年後には月給の10%の育児休業月数分がもらえます。
問い合わせ先は?
会社の総務部か人事部、または会社を管轄している地域のハローワークまで問い合わせて下さい。
その他の注意点
給付金をもらうための条件を満たしていれば、パートやアルバイトで働いている人でも受け取る資格があります。正社員でなくても、退職する前の1年間のうちに半年以上雇用保険を払っていれば、給付金を受け取る資格があります。給与明細を見るか、職場の給与担当者に確かめてみましょう。
通常、子供が1歳になったら職場に復帰します。でも、事情により復帰できなくなってしまっても、給付金は返納する必要はありません。ただし、復帰後の給付金はもらえません。

このページのTOPへ

その他の家計にやさしいトクトク情報

都道府県・市町村により異なる可能性がありますから、詳しくは最寄りの役所にお尋ね下さい。
児童扶養手当
母子家庭の生活費を援助する制度。子供1人の場合、年収365万円未満の人が対象で、月9,880〜41,880円が支給されます。
問い合わせ先:市区町村役場
私立幼稚園就園奨励費補助金
年収500万円の場合で、年平均28万1千円の入園料・保育料のうち、第1子は5万6千5百円、第2子は14万7千円が補助の目安です。年収680万円以下の人が対象となっています。
問い合わせ先:市区町村役場
特定優良賃貸住宅の家賃補助
耐火性があり、一定の広さがある「優良」賃貸住宅の家賃を国が補助する制度。 所得が月20万円以上60万1千円以下などの制限があります。
問い合わせ先:都道府県・主要市など
高齢者向け優良賃貸住宅の家賃補助
バリアフリー設備のある賃貸住宅の家賃を補助する制度。60歳以上で、2人家族(年金控除あり)の場合、年収540万円未満の人が対象となります。
問い合わせ先:都道府県・主要市など
太陽光発電システム補助金
太陽光発電システムを導入する人に対し、太陽電池出力1キロワット当たり4万5千円が補助されます。
問い合わせ先:新エネルギー財団【電話:03(5275)3046】
このページのTOPへ


医療に関するトクトク情報

健診無料券

妊婦一般健康診査依頼票
母子健康手帳を交付されると、妊婦一般健康診査依頼票が2部(前期用・後期用)ついてきます。1枚につき妊婦健康診査料(5千3百円)が1回無料になりますので、有効に使いましょう。
※注意点
1) 血液検査などの検査費用は無料になりません。
2) 里帰り分娩をされる方は、都道府県をまたいで使用することができないので、住居先ですべて使用するようにして下さい。
3) 都道府県をまたいで引っ越しをされた方は、新しい住所の担当窓口で改めて妊婦一般健康診査依頼票の交付を受けることができますから、忘れずに申請しましょう。
4) 2007年4月からは一定割合で公費補助が得られる見通しです。 1回当たりの妊婦健診料は三重県の場合5300円で、妊娠中の健診料総額は約9〜10万円ですが、この補助が導入されることにより、負担額は半減する予定です。

出産前後小児保健指導事業

津市では、安心して子育てをしていただくために、初産の妊産婦さんおよび産婦人科医または市が保健指導を必要と認める経産婦さんを対象に「ママのすこやか相談」:出産前後小児保健指導事業を実施しています(津市在住の方だけが対象となります)。
育児に関する小児科医の保健指導が、妊娠中から出産後2ヶ月未満の間に1度無料で受けられます。

対象
初産の妊産婦-----------母子健康手帳とともに受診券を交付
必要な経産婦-----------産婦人科で受診券を交付

受診方法
受診券の太枠内に必要事項を記入して下さい。
       ↓
産婦人科に相談して下さい。
       ↓
小児科に予約を取ってください。
       ↓
小児科を受診します。

注意
産婦人科・小児科は、津市の協力医療機関に限ります(山本産婦人科は協力医療機関です)。協力医療機関以外の産婦人科を受診中の方は、津市中央保健センター【TEL:
059(229)3310・059(229)3164】へお問い合わせ下さい。
このページのTOPへ

不妊治療助成金

体外受精・顕微授精などの特定不妊治療費(津市の場合は配偶者間人工授精も含む)を補助する制度で、国と都道府県などにより年10万円(平成19年より20万円)を上限に5年間助成されます。対象者の所得制限も平成19年から緩和され、夫婦の合計年収が920万円未満(現行650万円未満)となります。窓口は都道府県となっていますので、詳しくは県庁【三重県では県こども家庭室、電話:059−224−2248】にお尋ね下さい。

赤ちゃんの救急対応について

津市の場合
津市休日応急・夜間こども応急クリニック
夜間の子供の急病や大人の休日の急病・歯の痛みでお困りの場合利用できます。
所 在 地: 津市大里窪田町327番地1(三重病院東側)
電話番号: 059(236)5501(平日は中央保健センター:059−229−3310)
診療科目 診察日 受付時間
内科
小児科
外科
※外科の範囲は軽い切り傷・打撲などです。
より高度な処置が必要な場合は、専門機関が紹介されます。
日曜日・祝日(1月1日を除く)
午前9時〜
午後1時〜
11時30分
4時30分
小児科のみ 毎夜間 午後7時30分〜11時30分
歯科 日曜日・祝日(1月1日を除く)
1月2日・8月14日・8月15日
午前9時〜午前11時30分
12月31日 午前9時〜午前11時30分
午後1時〜3時30分
津市休日応急・夜間こども応急クリニック
みえ子ども医療ダイヤル
相談内容: 子供の急病についての電話相談
電話番号: #8000【#のない電話機では059(232)9955】
受付時間: 19:30〜23:30(年中無休
担 当 者: 三重県事業として当番の小児科医が応対
※受付時間外や小児科以外の診療科については、津地域救急医療情報センター
  (電話:059−256−1199)までお問い合わせください。
三重病院・小児科
所 在 地: 津市大里窪田町357
電話番号: 059(232)2531
夜間であっても、夜間こども応急クリニックと連携して、診療していだだけます。
三重中央医療センター・救急外来
所 在 地: 津市久居明神町2158−5
電話番号: 059(259)1211
新生児集中管理室(NICU)があり、三重県全域をカバーする新生児救急車(すくすく号)の基地になっています。
松坂市の場合
松坂市休日応急クリニック
所 在 地: 松坂市春日町1丁目8番地 松坂市健康センター内
電話番号: 0598(23)1364
診療科目: 内科・小児科
診療時間: 19:30〜23:30(年中無休
日曜・祝日は9:00〜12:00および13:30〜17:00も可能
みえ子ども医療ダイヤル
相談内容: 子供の急病についての電話相談
電話番号: #8000【#のない電話機では059(232)9955】
受付時間: 19:30〜23:30(年中無休
担 当 者: 三重県事業として当番の小児科医が応対
※受付時間外や小児科以外の診療科については、松坂広域地域救急医療情報センター
  (電話:0598−26−1199)までお問い合わせください。
このページのTOPへ

一般的な救急対応について

大人と赤ちゃんの救急対応
赤ちゃんについては、上記の医療機関の受診がお勧めですが、緊急時にはまず救急車を呼ぶことを忘れないで下さい。
救急車の呼び方
まず深呼吸して落ち着いてから、「119」をダイヤルして下さい。
       ↓
「火事ですか?救急ですか?」と尋ねられますから、「救急です」とお答え下さい。
       ↓
次の事項について尋ねられますから、落ち着いて的確に答えて下さい。
    1. 誰が救急なのか?
    2. 年齢は?
    3. どういう状況(病状)か?
    4. かかりつけの医療機関は?
    5. 住所(現在位置)と電話番号は?
    6. 住所(現在位置)の目印は?
    7.        ↓
さらに、救急車が到着するまでに応急処置が必要と考えられる場合は、その方法を尋ねて指示に従って下さい。
救急医療案内
救急車を呼ぶほどではないが、時間外診療を希望する場合は、地域救急医療センターに問い合わせください。診療可能な医療機関の紹介を受けることができます。
休日応急診療所
三重県下各地に休日応急診療所がありますが、それぞれ診察科目・診察時間等に差異がありますからご注意ください。