山本産婦人科(三重県津市)の不妊症に関する血液検査・ホルモン測定についてのページです。

不妊症の検査

血液検査


初診時の血液検査

    これから不妊症の検査や治療を進めるにあたり、初診時に簡単なスクリーニングを行います。
    時期をみてご主人も同様の検査を受けていただくことになります。

    1. 血液型・不規則抗体
      特殊な血液型でないか、問題のある不規則抗体がないかどうかを調べます。
    2. 貧血検査・一般的検査
      女性は鉄欠乏性貧血の頻度が高いため、検査を行い貧血であれば治療を行います。
      また、血液生化学検査にて一般的な病気のスクリーニングも行います。
    3. 感染症検査
      風疹、梅毒、肝炎ウイルス(B型肝炎・C型肝炎)、エイズ、クラミジアなど、基本的にはブライダルチェックで行われる検査妊娠初期に行われる検査とほぼ同じ測定内容となります。
      検査結果で異常が見つかれば、当然不妊症と平行して治療が行われます。
      特に、罹患率が高く、卵管閉塞などを起こして不妊症の原因となりやすいクラミジア感染症や妊娠してから胎児奇形の原因となる風疹については初診時にチェックを受けておくことが大切です。

    4. 風疹抗体価について
      学童期に風疹ワクチンの接種が行われるようになり、抗体の保有率が向上していますが、依然として10人に1人は免疫がなく風疹にかかる危険性があるのが現状です。この原因は、ワクチン接種がなされていない学年(昭和54年〜62年生まれの人の約半数)があったり、ワクチンを受けていても免疫ができなかったり、できていてもいつの間にか下がってしまうことによるとされています。したがって、風疹の抗体価が低く免疫がないと判断された場合は、妊娠前にワクチン接種を受け、抗体価の上昇を確認してから妊娠した方がよいでしょう。
      風疹ワクチンは生ワクチンのため、接種後2〜3ヶ月の避妊が必要とされますが、この間に不妊症の検査を進めることができるので、ワクチンを接種したからといって、決して無駄な期間とはなりませんからご安心下さい。
    5. 内分泌機能検査
    6. 必要に応じてプロラクチン・甲状腺ホルモン・副腎皮質ホルモンなどの測定を行い、不妊症の原因となるような内分泌疾患がないかどうかを調べます。
      高プロラクチン血症、甲状腺機能低下症、副腎機能異常症などの基礎疾患があればその治療を平行して行うことになります。
このページのTOPへ(山本産婦人科)

随時の血液検査

    月経周期(月経期・排卵期・着床期)に応じて適宜ホルモン測定(エストラジオール・プロゲステロン・FSH・LH・テストステロンなど)を行います。
    また、必要に応じて負荷テスト(GnRHテスト・TRHテスト・プレマリンテスト・デキサメサゾンテストなど)を行います。
    月経周期におけるホルモン測定値の推移は、正常月経における周期的変化を参照して下さい。

血中エストラジオール値の評価


血中エストラジオール値の評価
:卵巣機能の欠落
:卵巣機能の障害
:卵胞期・初期
:卵胞成熟期
(測定値は測定方法により異なります)

黄体期(高温相)・中期の血中プロゲステロン値の評価


T:無排卵周期
U:黄体機能不全
V:正常排卵周期

このページのTOPへ(山本産婦人科)