山本産婦人科(三重県津市)の周産期死亡率・死産・新生児死亡についてのページです。

周産期死亡率

妊娠22週以後の死産数(A)、生後1週未満の新生児死亡数(早期新生児死亡数:B)、出生数(C)から求められます。

1年間の周産期死亡数( A+B )
周産期死亡率= ────────────────── ×1,000
   1年間の出産数( C+A )

つまり、周産期死亡率は1,000人の出産当たりに換算して、22週以後の死産と生後
1週間未満の新生児死亡の総和がどれくらいあるかを示しています。

したがって“周産期死亡率が上がる”ということは、“不幸にして子宮内胎児死亡を起こしたり、生まれてまもなく死亡する可能性が高まる”ということを意味しています。

このページのTOPへ(山本産婦人科)