山本産婦人科(三重県津市)の生活習慣(アルコール・飲酒)についてのページです。

妊娠初期の出来事

生活習慣チェック!〜アルコール〜

胎児性アルコール症候群(FAS:Fetal Alcohol Syndrome)とは、妊娠中のママが飲酒をすることによって引き起こされる赤ちゃんの障害です。当然ながら、ママの飲酒量飲酒期間によって障害の程度が左右されますが、(1)中枢神経系の異常(知能指数の低下と学習障害、行動障害など)、(2)容貌の変化(小頭症、小顎症、鼻・上唇の変形など)、(3)発育不全(低体重)などが現れます。

“ビール1〜2本くらいだいじょ〜ぶ”と思っていると大変です。350mlのビール1缶には、ウイスキーのショットグラス1杯分(約30ml)に相当するアルコール分が含まれているのですよ!妊娠に気づかずに飲んでしまった過去のことまで悩むことはありませんが、妊娠とわかったらアルコールはパスしましょう。妊娠にとって“酒は百薬の長”では決してありえません!
このページのTOPへ(山本産婦人科)